秋山孝は3つのwebサイトを持っています

秋山孝イラストライブラリー/TAKASHI AKIYAMA ILLUSTRATION LIBRARY

秋山孝ホームページ東京/Takashi Akiyama Homepage Tokyo

秋山孝ポスター美術館長岡/Takashi Akiyama Poster Museum Nagaoka

7月9日(土)より開催  秋山孝の神秘 「点と線」展

秋山孝の神秘展は、秋山のポスター作品表現の秘密を解き明かすことを目的にしているシリーズです。第2回目のタイトルは「点と線」です。
日常、紙の上にペンや鉛筆などで点や線を引いたり、文字を書いたりしますが、数学上では点とは、空間における正確な位置を定義するために使われる概念です。一切の体積、面積、長さをもっていません。これを「ユークリッドの原論」といいます。これに従えば、書の世界の太い筆で点を打ったり、線を引いたりすることは、これに当てはまりません。この「点」という名称が持っている意味には大きな違いがあります。混同しないでください。
古代ギリシャ・アテネにアカデミーを創設(BC380年)したプラトンは、アカデミーの入り口に「幾何学を知らざる者、ここに入るべからず」と刻んだほど、幾何学を重要視していました。ユークリッドは、これらに従い「ユークリッドの原論」を執筆しました。ユークリッド幾何学における「点」は、大きさ、方向などの位置以外のあらゆる特徴をもちません。定義によると「点」は部分をもたないものです。「線」とは幅のない長さです。「面」は長さと幅のみをもつものです。「立体」とは長さと幅と高さをもつものです。絵画や作図などに用いる透視図法は、デッサンの基礎として重要なものになっていますが、ユークリッド原論によれば矛盾だらけの産物です。概念的に非常に混乱を招きます。ここに平面上における空間の概念に支障をきたしていると秋山は着目しています。
例をあげれば、31歳の若さで没した19世紀のフランスの画家ジョルジュ・スーラは、光学的理論を取り入れ、点描という技法を生み出しました。彼は、従来の空間とは異なり、光学的な視点で平面上における空間の概念を発見しました。スーラの表現を見ると「形を失いながら形の活用」の思考があります。それを秋山は「線解」「点解」と位置づけ、「字形」「字解」に類似する「形を失う」「形の活用」の思考を研究しました。結果、平面つまり二次元空間における「点」と「線」の役割についての考察によって、秋山独自の表現を導き出しました。また、人間の手で描けない数学的な「点」「線」(ペジェ曲線、円、楕円)と対比し、脳と筋肉の指示によってできる線の軌跡の重要性も人々の心に入りこむ能力をもっていることも意識しています。


 ■2016年  
  展覧会スケジュール
 ■2016年  
  美術館大学スケジュール
 ■2016年  
  イベントスケジュール
4/16(土)〜6/27(月)
第22回企画展

宮内・摂田屋百景展2
4/16(土)
     第32回美術館大学
     「登録有形文化財について」
     時間:pm3:00~4:30
     講師:平山育男、秋山孝、大町駿介
     受講料:無料

 ●5/28(土)
     第33回美術館大学
     「宮内・摂田屋百景の魅力」
     時間:pm3:00~4:30
     講師:秋山孝、堀池真美、大町駿介
     受講料:無料
 ●4/16(土)
     懇親会
     時間:pm5:00~7:00
     会費:一般  2,000円、学生  1,000円

● 5/28(土)
     懇親会
     時間:pm5:00~7:00
     会費:一般  2,000円、学生  1,000円

● 6/25(土)
     第11回APMワークショップ
     「ポスターをつくってみよう2
     ~ぼく、わたしがみつけたAPMの魅力~」
     時間:pm1:00~3:00
     参加費:500円
7/9(土)〜9/24(土)
開館7周年・第23回企画展

Takashi Akiyama Poster-8
秋山孝の神秘「点と線」展



9/4(日)~9/24(土)
特別展
日本ブックデザイン賞2016展

※9/1(木)~3(土)は展示準備のため休館
●7/9(土)
     第34回美術館大学
     「秋山孝の神秘 『点と線』について
     ~形を失う形の思考~」
     時間:pm3:00~4:30
     講師:秋山孝
     受講料:無料

● 8/4(木)
     第35回美術館大学
     「フランク・ロイド・ライトが残した建築工房タリアセンについて」
     時間:pm4:00~5:30
     講師:半田雅俊、高田清太郎、秋山孝
     受講料:無料
 ●7/9(土)
     懇親会
     時間:pm5:00~7:00
     会費:一般  2,000円、学生  1,000円

 ●8/11(木)
     第12回APMワークショップ
     「ポスターをつくってみよう3
     ~ぼく、わたしの夏2016」
     「自画像を描いてみよう
     ~2016年のぼく、わたし~」
     時間:pm1:00~3:00
     参加費:500円

 ●9/10(土)
     日本ブックデザイン賞2016 授賞式
     時間:
10/8(土)〜10/31(月)
第24回企画展
多摩美術大学大学院
イラストレーションスタディーズ

「メッセージイラストレーション
ポスター」展8
●10/8(土)
     第36回美術館大学
     「(内容未定)」
     時間:pm3:00~4:30
     講師:
     受講料:無料
 ●10/8(土)
     懇親会
     時間:pm5:00~7:00
     会費:一般  2,000円、学生  1,000円

 ●10/15(土)
     第13回APMワークショップ
     「ぎほう de えほん2
     ~ドリッピングってなあに?~」
     時間:pm1:00~3:00
     参加費:500円
*美術館大学参加希望者は、美術館にメールまたは電話にて予約を入れてください。
 TEL:0258-39-1233   E-mail:info@apm-nagaoka.com
*定員は40名ですのでお早めにお申込みください。


お知らせ

2016.07.21 第12回ワークショップを開催いたします。


2016.06.20 第23回企画展 秋山孝の神秘2「点と線」展プレスリリースを発行しました。
2016.06.04 第11回ワークショップを開催いたします。
2016.05.19 新潟日報(2015.05.10)にて宮内・摂田屋百景展2をご紹介いただきました。
2016.05.11 秋山孝の神秘「点と線」展のプレスリリースを作成しました。
2016.04.04 ながおか市政だより 4月号にて宮内・摂田屋百景展2をご紹介いただきました。
2016.04.04 長岡新聞(2016.03.29)にて登録有形文化財答申についての記事が掲載されました。
2016.04.01 APM news147をアップしました。
2016.04.01 My Skip 4月号にて宮内・摂田屋百景展2をご紹介いただきました。
2016.04.01 HOT PEPPER長岡版 4月号にて宮内・摂田屋百景展2をご紹介いただきました。
2016.03.31 3月30日(水)の新潟日報にて日本ブックデザイン賞2016作品募集の記事が掲載されました。


2016.03.14 3月12日(土)の新潟日報、朝日新聞にて登録有形文化財登録の答申についての記事が掲載されました。
2015.01.28 新潟日報 朝刊で、秋山館長の連載「人ものがたり イラストの力信じ」が始まりました。
2014.11.06 新潟日報 夕刊「人ものがたり」で、秋山館長のものがたりが連載されています。
        ご興味のある方は、ぜひ新潟日報 夕刊を手に取ってご覧ください。
2014.11.05 新潟日報(2014.11.05)で、富山市デザイン協議会様による視察の様子が掲載されました。
2014.01.26 新潟日報で「イラストレーションスタディーズ」が紹介されました。
2013.12.01 マイスキップで「イラストレーションスタディーズ」が紹介されました。
2013.11.15 秋山孝著「イラストレーションスタディーズ」発売中

  秋山孝ポートレート

1-1 ご利用案内・交通アクセス

秋山孝ポスター美術館長岡
〒940-1106 新潟県長岡市宮内2-10-8/TEL : 0258-39-1233
E-mail : info@apm-nagaoka.com

開館時間:am11:00~pm5:00(入館は閉館の30分前まで)/ 休館日:火曜日(開館期間:4月~10月・閉館期間:11月~3月)/ 入館料:無料

本美術館は、4月から10月まで開館し、展示します。11月から3月まで研究調査、展示準備のため閉館を基本とします。 それは、あくまで小美術館ですので、展覧会準備や研究に膨大な時間がかかるため、季節の良い時に開館いたします。

秋山孝ポスター美術館長岡までの地図

  

■電車でのアクセス(時刻表)

電車でお越しの方へ
東京→長岡→宮内(平日)     2016.4.5更新
東京→長岡→宮内(土曜・休日) 2016.4.5更新

電車でお帰りの方へ
宮内→長岡→東京(平日)     2016.4.5更新
宮内→長岡→東京(土曜・休日) 2016.4.5更新

2014年4月1日より、JR宮内駅でもSuicaが使用できるようになりました
ページトップへ